扁桃炎の治療期間をチェック

扁桃炎とは喉の奥にある扁桃腺という組織が炎症を起こすことで発症する病気です。
この病気は主に細菌感染が原因とされていますが、抗生剤を使用することで改善することが多いです。
扁桃炎の治療期間はどのくらいなのかチェックしておきましょう。

扁桃炎は風邪と似た症状ですが、その治療期間は1週間程度とされています。
細菌によって引き起こされるため、炎症の原因となる細菌を退治しないと症状が治りません。
間違った方法で治療をしたり、気合に頼るなどの無茶をすると治療期間が長引くこともあるので注意が必要です。
特に大切な予定がある場合、予定に合わせた治療を行うことがポイントです。
まずは病院で診察を受け、処方された薬を飲むようにしましょう。
病院で処方された薬を飲み、安静にすることで細菌が死滅するので症状は改善していきます。

薬を飲むと2日程度で細菌を死滅させることができます。
後は炎症が治まるのを待つことになります。
炎症が治まるまでは5~7日程度かかるため、その間に無茶をすると再発してしまうことがあります。
治療期間中は悪化することもあるという前提のもと、無茶をせずに安静を心がけましょう。

扁桃炎は完全に治っていないうちに無茶をすると長引くこともある病気です。
扁桃炎が慢性化した場合、扁桃腺が肥大化して飲食をするのが辛くなってしまうこともあります。
そうすると入院が必要になることもありますし、手術で扁桃炎を切除する必要が出てしまうこともあるでしょう。
慢性化すると治療期間も費用も多くかかってしまうため、気合を入れてきちんと治療することが大切です。

ちなみに、扁桃炎を治療せずに放置した場合、症状がさらに悪化してしまうことがあります。
扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍といった病気を引き起こすこともあるので注意しましょう。
中には抗生剤を使用すると症状が悪化してしまう扁桃炎もあるため、ドクターにきちんと診察をしてもらってから治療を始めることが大切です。

治療期間中の注意点について

扁桃炎は風邪に似た症状が出る病気ですが、他の人にうつるのか気になっている人もいるでしょう。
扁桃炎自体がうつることはありませんが、その原因となる風邪やインフルエンザはうつることがあります。
扁桃炎は扁桃腺が炎症を起こす病気であり、風邪に似た症状でも別の病気なのでうつることはありません。

しかし、扁桃炎は風邪の細菌やインフルエンザウイルスによって引き起こされることが多いです。
扁桃炎の症状が出た時には風邪を引いていることが多いでしょう。
扁桃炎を起こしている人が咳やくしゃみをした場合、その中には細菌が含まれていることがあります。
そうすると他人に風邪をうつしてしまうこともあるかもしれません。
そこで扁桃炎の治療期間中は細菌やウイルスをうつすことがあるという前提のもと、きちんとマスクを着用しましょう。

扁桃炎は細菌が原因で発症する病気ですが、治療期間中に気をつけると良いことがあります。
扁桃炎になると何もしていなくても喉の痛みがずっと続いてしまいます。
食事が辛いですし、唾を飲み込むだけでも辛いことがあるでしょう。
この痛みは喉の乾燥が原因であるため、喉を乾燥させないようにすることがポイントです。
喉を乾燥させないためにもマスクは有効です。
また、うがいも喉に潤いを与えることができるため、辛い喉の痛みが和らぐでしょう。

他にも寒い時期には暖かくして過ごすことや、あまり無茶をしないといったことが治療期間中の過ごし方のポイントです。
カイロや湯たんぽなどは体をしっかり温めてくれます。
喉を温めることで痛みが緩和することもあるため、マフラーやタオルなどを巻くのがおすすめです。
風邪の細菌をできるだけ体内に入れず、健康的な生活を送っていくようにしましょう。